患者様の責任と権利私たちは、従来の「おまかせ医療」でなく、インフォームド・コンセント(十分に説明され理解し、納得した上での同意)を基本姿勢として、患者様と信頼関係で結ばれた医療を行うことをめざしています。
そこで、ここに「患者様の権利と責任」について明記し、その実現にむけて、皆様と共に進んでいきたいと思っています。

知る権利

患者様は、病名・症状・治療内容およびその危険性・予後・検査内容およびその危険性、薬の効用および副作用などに関して理解できるまで説明を受ける事ができます。

患者様は、治験、医療従事者の研修および教育の目的を含んだ医療行為について事前に説明を受ける事ができます。

自己決定の権利

患者様は、十分な情報と医療従事者の助言・協力を得た上で自己の意思により、検査・治療・治験、その他の医療行為に同意し、選択あるいは拒否することができます。
患者様は、医師を選択し転医する事ができます。

プライバシーが保護される権利

患者様には、個人の情報を直接医療に関与する医療従事者以外の第三者に開示されない権利があります。
患者様には、私的なことに干渉されない権利があります。

参加と共同の責任

これらの権利を守り発展させるために、患者様は、医療従事者と力を合わせて医療に参加、協力する責任があります。