当院の放射線科の紹介

「患者様は家族です」の基本理念のもと、放射線科スタッフは地域医療に貢献できる病院の一員として、情熱と誠意を持って取り組んでいます。
 画像診断といった技術の進歩がきわめて速い分野において、検査を迅速かつ正確にそして安全に行うこと、また、医療被曝軽減の為の提言をしていくことは、診療放射線技師へ求められる責務です。また学会や研修会参加により、知識と技術の研鑽を積むとともに、研究活動や各種認定資格の取得など、診療技術の更なる向上を目指しています。
 業務としてはX線検査として、胸腹部、骨などのFPD一般撮影や消化管造影等に用いられるX線テレビなどがあり、広く活用されているCT、MRI検査も行っております。
 これからも地域に愛され、地域に根差した親しみのある放射線科を目指し、患者様に優しい検査を心掛けて参ります。

 

放射線科認定技師一覧

  • 検診マンモグラフィ撮影技術認定技師
  • X線CT認定技師
  • 肺がんCT検診認定技師
  • 胃がん検診専門技師

 

主な検査医療・設備

CT検査

 X線を使用し、身体の断面の画像を撮影する検査です。
 当院では、16列マルチスライスCTを導入しており、撮影時間の短縮、被曝線量の低減が可能で、低線量でも高画質を実現することができます。
 1度の撮影で画像の再構成によりいろんな方向の断面画像が得られ、必要に応じてワークステーションにより3D画像も作成できます。

MRI検査

 MRIとは身体に磁気を当て画像を撮影する検査です。
 当院では、平成28年12月に「1.5T(テスラ)MRI装置」を導入しました。この装置には新しい撮影法が搭載されており、鮮明な画像を短時間で撮影することができ、また、静音性にも優れているので患者様に優しい検査が行なえます。

骨密度測定検査

 非常に少ないX線を使用し、骨の密度を測定する骨粗しょう症検査です。
 当院では、ホロジック社製ディスカバリーを導入しており、ベッドに寝てもらうだけで検査が行え、データも前回、前々回と比較することができます。

一般撮影装置

 胸や腹、骨の撮影を行い、最もよく行われる検査です。
 当院ではCR(デジタルX線画像)システムを用いた装置や、さらに低線量で高画質の画像を提供できるFPD(フラットパネル搭載デジタル撮影装置)も使用しています。

X線TV検査

 X線を使用し、検査部位の形態・動態の観察をリアルタイムで行うことができ、骨折時の整復や造影剤を使用した胃透視検査・注腸検査が行えます。
 当院では、DR(Digital Radiography)装置でFPD(フラットパネルディテクター)を搭載しています。非常に高い解像度と濃度分解能を持ち、歪みのない広範囲な視野で透視画像検査が行えます。

ポータブル撮影検査

 回診用X線撮影装置を病棟で人工呼吸器を付けておられる方、手術室での手術中・手術直後の撮影など、X線撮影室に来る事のできない患者様のそばまで行き、一般撮影を行う検査です。

PACS(医療用画像管理システム)

画像診断は、PACSに富士フィルムのSYNAPSEを使用し、すべての画像を保管、配信しフィルムレス運用を行っております。
また画像データを元にして3D作成する3Dワークステーション SYNAPSE VINCENTも導入しております。